敏感肌におすすめの化粧下地選びのポイント

敏感肌の人が化粧下地を選ぶ際には、保湿成分が配合されていることはもちろんの事、無添加で低刺激な物も良いですね。やはり刺激が強いものは、敏感肌の人にとっては天敵です。低刺激であることも最低条件だと言えるかもしれませんね。メーカーによっては敏感肌用と販売されている化粧下地もあるので、そういった表記をヒントに選んでも良いかもしれません。ただし、敏感肌と言っても肌の状態はその人その人で違います。敏感肌用を鵜呑みにせず自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。UVカットの成分も入っていると良いでしょう。紫外線から肌を守ることで肌の過剰な反応を防ぐことにもつながりますし、日焼けをすることで肌のバリア機能の低下を招いてしまうので、日焼け予防のためにも効果的です。肌の色味を整えて、上に乗せるファンデーションなどをなるべく薄くすることも肝心です。コントロールカラーやその機能がある化粧下地を上手に使い、薄化粧で済むのであれば、肌にかかる負担を軽減させることができるので、敏感肌の人にはもってこいです。敏感肌であるのであれば、とにかく肌に負担をかけないことを優先させたいですね。

東洋の恵みの愛用者の口コミ

目尻のしわ対策のアイクリームの選び方・有効成分

目尻はもともと皮膚がとても薄い場所なので、ちょっと目をこすったりするだけの刺激や、乾燥や摩擦などでしわが出来やすい部分です。そんなとても繊細な部分に使用するアイクリームは、しわの対策には欠かせないアイテムではありますが、どんなものを使用すれば効果的なのでしょうか。まずは有効な保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸などは欠かせません。さらにコラーゲンの生成を促す働きを持つペプチドや、肌のハリには欠かせないエラスチンなどが配合されているものが良いでしょう。有効成分が配合されていなければアイクリームを使用しても、しわの対策には近づけません。そして低刺激で添加物の少ない物を選びましょう。伸びが良くなじみが速い物も良いですね。こういった条件をクリアすると必然的に高価なアイクリームだけしか選択できないようになってしまいますが、本当に効果的なアイクリームは価格もそれなりになってきます。目尻のしわはその人の顔の印象を決めやすい部分です。実年齢も気持ちも若いのに、目尻ひとつでいくつも上に見られてしまっては残念ですからね。自分にあったアイクリームが見つかるとよいですね。

目のしわがない人の特徴は?

シミ対策の予防方法をご紹介します。

シミ対策の予防方法は、色々ありますが、まず大事なことは、日焼け対策をしっかり行うことです。シミを作る主な原因が紫外線だからです。そのため、シミ対策の予防方法として、紫外線対策は年中しておく必要があります。日焼け止めは毎日使用し、外出時は、マスク、帽子、日傘などで万全の体制をとります。シミ対策の予防法として、忘れてはならないのが保湿です。肌の新陳代謝を正常化し、メラニンの過剰生成を抑えるには、保湿は欠かせません。皮脂の分泌が多い男性は、保湿を怠りがちですが、そうすると更に皮脂を分泌させることになります。結果、シミの出来やすい肌になるので、化粧水の後は乳液でしっかり保湿してやる必要があります。シミ対策の予防方法としては、しっかり睡眠を取ることも大事です。肌のターンオーバーは、夜寝ている間が一番活発で、成長ホルモンが分泌され、肌を修復してくれるのは睡眠時です。規則正しい生活をして、しっかり睡眠を取ることは、肌のダメージを回復し、シミが出来るのを防ぐことになります。シミは食事でも予防できるので、毎日の生活に、ポリフェノール、ビタミンC、コラーゲン、ビタミンEなどを摂りいれることです。

唇のシミを消す方法

ワキの匂いと黒ずみを改善するための方法

ワキガを改善するための方法でおすすめなのは、梅干しを食べることです。これなら誰でも簡単にできます。ワキガは体が酸性になることで、不快なニオイを発生します。

酸性になった体をアルカリ性に戻せば、ニオイの防止が可能です。梅干しは、アルカリ性の代表的な食べ物で、アルカリ性の食べ物の中でも特に強力と言われています。酸性になった体を戻すのにピッタリの食材で、梅干しを1つ食べるだけでも効果があります。

日頃から、肉類ばかりを食べてしまっている人に、特におすすめです。ワキガを改善するには、塩湯入浴もおすすめです。塩湯に浸かると、皮膚上の皮脂汚れなどを洗い流すことができるからです。塩湯入浴すると体内に溜まっている老廃物や有毒なものを外へ排出してくれるので、ワキガ改善効果が期待できます。塩湯入浴する時は、半身浴がオススメです。ぬるま湯で半身浴をすると良く、目安は15分から20分程度です。塩湯入浴はワキガ対策に効果的で、同時に美容や健康効果も得られます。

ただ、半身浴すると水分不足になりやすいので、入浴前後は、しっかり水分補給を忘れないことです。

脇の黒ずみをなくすためには

一度出来てしまったほうれい線は消せるの?

一度出来てしまったほうれい線は消せるのでしょうか。そう心配する人は少なくないでしょう。ほうれい線は、一度出来てしまったら消せないということはありません。

出来てしまったほうれい線には、コラーゲンとビタミンCが効果的なので、これらの成分の入ったスキンケア用品を使用するとよいでしょう。コラーゲンが肌のハリや弾力を維持し、ビタミンCがコラーゲンの生成を補助し、肌のハリやたるみを予防してくれます。これらの作用により、一度出来てしまったほうれい線を解消することができます。

朝晩のスキンケアの時に軽くマッサージすれば、さらに効果的で、肌にハリが出てきます。マッサージすると肌にツヤが出てくるので、ファンデーションののりも良くなり、メイクや手入れをするのが楽しくなります。ほうれい線は、肌老化の1つでもあるので、老化は防ぎたくても防ぎようがありません。

しかしだからといって、一度出来てしまったほうれい線を諦めてはいけません。諦めてしまうと、見た目年齢が確実に老けて見えます。コラーゲンやビタミンC配合のアンチエイジング化粧品を使用して、一度出来てしまったほうれい線を解消しましょう。

ほうれい線を消すために

亜鉛と肌荒れの関係やサプリ利用への考え方

肌荒れの防止・改善の為には、肌の新陳代謝機能であるターンオーバーが健全に行われている事が不可欠と言えます。その為に必要な要素の中で大きなウエイトを占めていると考えられるのが、適切な栄養補給です。
ターンオーバーに関連する栄養素には複数のものがありますが、その多くは極端な制限食を継続的に摂ったりしない限りは基本的に満たされるものとなります。ですが1つだけ不足し易いものがあり、それがミネラルの1つである亜鉛です。
その理由としては近年の一般的な食事は食材の加工度が高い傾向にあったり、酒類の消費が人によっては多い傾向があって、これによって亜鉛の体内消費量自体が高まっている事が挙げられます。実際に不足がちとなった場合には、他の栄養素の働きにも密接に関連するので、ターンオーバーに関する全般の働きが悪くなってしまいます。
従って肌荒れ防止・改善を考える上では、亜鉛についてはサプリでの補給を考えるのも効果的な方法と言えるのです。極端な過剰でない限りにおいては体内に余剰の排出機能もある事から、利用し易いと言えます。

肌荒れの治し方

毛穴の黒ずみの原因とは?

毛穴の黒い汚れって気になります。よく見ると鼻全体に毛穴の黒ずみが目立ってついつい鼻には念入りにファンデーションを塗ってしまいます。毛穴の黒ずみの原因を知り、原因にあったケアを行えば徐々に綺麗になります。ニキビに似ているのですが、黒ずみは毛穴につまる皮脂や油分の洗い残しが酸化する事が原因です。理由についてはいろいろありますが、メイクがきちんと落とせてないと言う原因が1番多いです。メイクはオイルも含まれており汚れが付着しやすい状態です。

 

メイクを落とさずに寝てしまったりすると汚れが毛穴に残り蓄積されると黒ずみになります。クレンジングで油汚れを落とし洗顔をきちんとする事と化粧水で引き締め保湿クリームでしっかり保湿する事も原因を解消するポイントとなります。脂性の肌質の方も黒ずみに要注意です。

 

ぬるっとして気持ち悪いからきつめの洗顔石鹸で洗う人がいます。得に男性はこのタイプです。肌がスッキリして気持ちいいのですが毛穴も同時にすっきりしすぎて開いてしまい汚れが侵入しやすくなります。男性はその後のケアをしませんから黒ずみが目立つ方が多いです。やはり保湿がポイントです。角栓が目立つ場合があります。吸引したりすると綺麗になるのですが、この後毛穴を引き締めるケアをしないと毛穴が開いています。水洗顔で毛穴を引き締め保湿をその後のケアもきちんとしましょう。

 

毛穴の黒ずみを解決する方法

オルビスの化粧水でニキビ跡が治る?

オルビスのクリアシリーズは大人ニキビ専用のコスメで、天然和漢成分が配合されています。和漢とは日本人向けの漢方のことで、美肌効果があります。7種類の和漢成分が配合されていて、ニキビの原因となる乾燥を防ぎ、肌に潤いを与えることで肌の内側からケアしてくれます。

またオルビスの製品はすべてオイルカットされていますので、ニキビを予防することもできます。またできてしまったニキビだけでなくニキビ跡にも効果があります。

和漢エキスがニキビ跡にもしっかりと浸透するので、軽めのニキビ跡なら治すことができます。クリアシリーズは洗顔料と化粧水、ジェルタイプの保湿剤の3種類があります。洗顔料は泡立ちがよく肌への負担も少ないです。

化粧水はさっぱりタイプとしっとりタイプの2種類があり、しっとりタイプでも軽めのつけ心地です。ジェルタイプの保湿剤もオイルカットされていて、べたつく感じはありません。クリアシリーズはニキビを治すために作られていますのでニキビに悩んでいる方におすすめできる化粧品です。

ニキビ跡 化粧水

大人にきびはいつからでき始める?

大人にきびはいつからでき始めるのでしょう。大人になってできるにきびはやっかいですが、知らない間にできていることが多いです。思春期にきびは、10代にできるのでわかりやすいのですが、大人にきびの場合、特に何歳からと決まっているわけではないのでわかりにくいです。

思春期を過ぎても表れるのが、大人にきびで、いつからでき始めるのかというと、20代になってからです。まさしく大人への一歩を踏み出す時から、でき始めます。

大人にきびは、大体、20歳を過ぎたあたりから表れてきます。特徴として、色んなところにできます。顔全体にできる場合もあれば、首、背中、胸など、体のあちこちにできることもあります。

大人にきびの原因は多岐にわたるので、原因を特定するのは難しいです。胃腸の不調、酒の過度摂取、ストレス、紫外線、間違ったスキンケアなど、原因は様々です。

基本的に、大人にきびは、不規則な生活習慣が原因であることが多いものです。そのため、対策として、洗顔とバランスの摂れた食事、定期的な運動などを心がけることで、改善することが可能です。

大人ニキビ

額のにきびはなぜできる?

額にできてしまう嫌なニキビはどうしてできてしまうのでしょうか。ニキビができてしまう原因を知ってその原因となることを改善させていく必要があります。額にニキビができるのは思春期である場合が多いです。思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビでは実は違うものなんですが、思春期の時期は額にニキビができやすくなっています。

 

思春期はまだ体が未発達です。体の中にたまってしまった不純物を体外に出すための毛穴も未発達なのです。なので皮脂などが多く出た時には未発達である毛穴がつまりやすくなってしまうんですね。それに特におでこは顔の中でも皮脂が多く出やすい場所となっています。

なので特に毛穴がつまりやすくニキビができやすくなってしまうんですね。そこで額にできてしまうニキビを改善させるためには普段からのホームケアがとても大切です。それに髪の毛が額にかぶっていると髪の毛についたゴミなどが毛穴にあたってしまい余計にニキビができてしまうということもあり得るのです。隠したいと思うかもしれませんが前髪は上げた方がいいでしょう。

 

おでこニキビ

顔のたるみは筋トレで防ごう

顔のたるみは、加齢や紫外線などで皮膚の弾力が低下することや表情筋・深層筋などの筋肉の衰え、猫背や姿勢の悪さなどが原因により、肌のハリ、脂肪や皮膚などを支えられなくなりたるんでしまうのです。顔のたるみは、老けて見える原因となるため、見た目年齢で10歳も変わってしまうこともあります。
このようなたるみは二十代の頃より始まっており、複合的な原因によって起こるため、筋肉の衰えを防ぐ筋トレだけではなくそれぞれに対して対策を行うことで予防や解消を行うことができるのです。
そのためには、顔の表情筋・深層筋を鍛えるエクササイズを行う、帽子や日焼け止めなど紫外線対策に自分の肌に合った化粧水などで保湿、正しい姿勢を保ち、皮膚の健康を守るためのバランスの良い食事や質の良い睡眠をとることが効果的になります。
顔のパーツ毎によって鍛える筋肉は異なるため、気になる部分を集中的に筋トレを行うことでより効果的にたるみを解消・予防することが出来るようになるのです。

顔のたるみ

気になるニキビ跡を消す化粧品とは

できてしまうと気になるニキビは、潰してしまったり潰れた後のかさぶたを剥がしてしまったり触りすぎるとニキビ跡として残ってしまい、ずっと気になり続けることになります。
ニキビ自体、出来ると嫌で早くなんとかしたいのが正直なところですから、潰したい気持ちになるのもわかりますが、ニキビ跡になってからでは完璧に消すのは大変なんです。
しかし、化粧をしている時にくらい綺麗な肌でいたいと思います。
そんな時に役立つ化粧品はコンシーラーです。
コンシーラーとは、肌の気になるくまやシミ、そばかすを隠すために使用するものなので、勿論ニキビ跡にも使用が可能なのです。
色や種類も色々とあり、隠したい種類や部位、または普段使っているファンデーションと組み合わせた時のカバー力でどの色や種類がベストか決まります。
広い範囲ならばリキッドタイプ、くまなど一部分を集中的に使用するようであればスティックタイプとなります。
ニキビ跡の部分に塗り、ファンデーションを重ねるだけで簡単に隠れる優れものです。
つい潰してしまって跡が気になるという方は是非一度試してみてください。

ニキビ跡 消す

皮膚科でそばかすを消す治療法とは

そばかすを消すための治療を行っている皮膚科での治療法にはレーザーや光などを使用した美容機器による治療、ケミカルピーリングや外用薬、内服薬などの治療法があります。

レーザーや光などを利用した美容機器による施術ではピンポイントに気になる部分だけの施術ができ短期間での効果が実感できますが、レーザーを照射した部分は一時的にかさぶたができることから施術直後は逆に目立ってしまうというデメリットもあります。

ケミカルピーリングや外用薬は手軽に受けられる治療法ですが、この治療でそばかすを消すのは難しく、少しでも目立たなくしたいという方にはお勧めの治療方法です。

内服薬では服用することで成分が体全体に作用し、そばかすだけに効果を発揮するわけではないので効果を実感するまでには時間がかかりますが、服用するだけなので気軽にできる治療法です。このように、皮膚科での治療方法にはそれぞれメリットやデメリットがあり、自分の目的にあった治療法を選ぶことが大切です。

そばかす 消す

バストアップクリームの口コミについて

最近ではバストアップクリームという商品が口コミでもかなり人気となってきたのですが、バストを大きくしたいという人はもちろん、上向きのバストにしたいという人やハリと弾力が欲しいという人、バストを中央に寄せたいという人などにオススメです。

バストアップクリームなら胸に塗りこむだけで簡単にバストアップできますし、バストの悩みを効率よく解消できるでしょう。バストアップにはいろいろな方法があるのですが、バストアップクリームとサプリメントを組み合わせることにより、胸を外側と内側の両方から刺激することができるのでさらに効果が高くなります。

また、バストアップマッサージとも相性が良いとされており、比較的価格が安いので初めての人でも利用しやすいでしょう。バストアップクリームを探しているという場合、その効果も気になるものなのですが、配合されている成分を調べて副作用が起きないかどうかについても確認することが大切です。

妊娠線クリーム

一度出来てしまった顔のシミを軽減させる方法とは?

年齢を重ねれば誰でもできる可能性のあるシミですが、一度できてしまうともうレーザー治療以外に消す方法はないと思われがちです。
しかし実は自宅でも正しいケアを行えばそれなりに目立たないレベルにまで薄くすることは十分可能です。
シミは紫外線や加齢によって、皮膚を黒化させるメラニンという色素が過剰に増えてしまうことによってできます。
よって、このメラニンを少なくすることができればシミを薄くすることができるのです。
そのためには美白効果のある化粧品でのケアがカギとなります。
美白成分には大きく分けて二種類あり、一つはメラニンができるのを予防するタイプのもの、もう一つはできてしまったメラニンを排出させるタイプのものです。
このうちすでにできてしまったシミの改善に効果的なのは、後者のタイプです。
メラニンを無色化して排出させる作用のある美白成分には、ビタミンC誘導体やハイドロキノンといった成分があります。
ビタミンC誘導体は即効性はありませんが、肌に優しく穏やかに作用し、徐々に白いお肌へと導きます。
化粧水や美容液など様々な製品に広く配合されていますので、自分に合った製品を選びましょう。
ハイドロキノンは強力な美白効果がありますが、肌への刺激性が強く、高濃度のものでは肌がかぶれたりすることもありますので使用には注意が必要です。
まずは濃度の低いクリームなどから使用し、お肌の調子を見るとよいでしょう。

シミ 消す

ニキビ跡を消すための化粧水について

ニキビとは、毛穴が詰まりそこに乾いた皮脂や角質がつまって、皮膚の常在菌であるアクネ菌やブドウ球菌が皮脂を栄養に増殖して炎症を起こしたり、膿を溜めてしまうなどの症状が起こる皮膚の炎症性疾患です。酷い場合には、毛穴が破れて炎症が広がったりし、炎症が治った後でも皮膚の奥が傷ついてニキビ跡になってしまうことも多くあります。
ニキビ跡を消すには、正しいスキンケアと適切な対処法を行うことで良くすることができます。
ニキビ跡を自力で治すには、化粧水で保湿を行い、跡の周りの角質を良くします。そうすることで、美白化粧品の成分を肌に浸透させます。
また、ピーリングなどを行い積極的に肌のターンオーバーを促したりすることも大切です。そのため、肌の炎症を抑える効果のあるビタミンCやコラーゲンなどの栄養を積極的に取り入れ、肌の再生をする睡眠をしっかり取ることも重要です。
ニキビ跡のシミを酷くしないためにも、肌への刺激を避け、紫外線対策を行うことも有効になります。

大人ニキビ原因

効果的な顔の乾燥肌対策

顔は乾燥すると肌のバリア機能が失われて外部刺激に対する抵抗力がなくなり、ゴワつきやキメの乱れなど様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。
効果的な顔の乾燥肌対策としては、まず一番に挙げられるのは保湿ケアをしっかり行って肌に潤いを与えることです。
洗顔後は必ず保湿作用の高い保湿化粧水や美容液でお肌に潤いを補給するよう徹底しましょう。
化粧水は手のひらかコットンにたっぷりととり、時間をかけてゆっくり肌に浸透させます。
そして乾燥肌対策の保湿ケアで重要なのが、化粧水をパッティングした後、必ず油分のあるクリームやオイルを塗ることです。
化粧水の主な役割は肌に水分を補給することにありますが、乾燥が進んでいる肌はこの水分を肌に留める力が弱っており、そのため水分を補給しても時間が経つと蒸発していってしまいます。
それを防ぐために肌にフタをするイメージで、クリームやオイルの油分を肌に与えます。
こうすることで水分が肌内部に閉じ込められますので、いつまでもしっとりとしたお肌が保たれます。

乾燥肌予防ができる化粧水

大人ニキビ対策をできる食事

大人ニキビとは、思春期が過ぎて大人になってからできるニキビのことで、さまざまな原因によってできるものです。不規則な生活や睡眠不足、飲酒喫煙にストレス、化粧品やスキンケア、ホルモンバランスの崩れなどさまざまな要因が考えられており、一人ひとりによって原因も異なります。
思春期のものとは異なる原因のため、その原因に合わせて生活習慣を見直し、ストレスを解消して規則正しい生活や健康的な食事を行うことがニキビへの対策となるのです。
生活を変えることができないと良い場合には、食生活を見直すことだけでも有効です。
特に偏食や外食が多い場合には、少し見直すだけでも改善することができます。
取り入れたい栄養素としては、肌のターンオーバーを促すビタミンA、皮脂の分泌を抑制するビタミンB2、新陳代謝を促すビタミンB6、コラーゲンの生成を促進させるビタミンC、抗酸化作用を持つビタミンE、ホルモンバランスを整えるミネラルや新しい肌を作るコラーゲンなどの栄養をバランスよく摂取することが大切です。

ニキビの治し方

シートタイプの毛穴パックを使う際の注意点

毛穴パックといってもいろいろな種類がありますが、中でも粘着シートを肌につけて剥がすタイプは肌への強い刺激になってしまったり、方法などによって逆効果になってしまう可能性があるので注意が必要です。

粘着シートを剥がすタイプの毛穴パックは手軽に毛穴の詰まりや黒ずみなどの改善が期待できますが、あまり期間をあけずに毎日のように毛穴パックをしてしまうと本来肌に必要な皮脂や角質などを取り過ぎてしまう恐れがありますし、シートを剥がす際の強い刺激によって肌が赤くなったりヒリヒリしてしまったり、毛穴などの炎症を引き起こしてしまうなど肌を傷めてしまう可能性もあります。

 

そのため、シートを剥がす際に強い刺激を伴うタイプの毛穴パックは、敏感肌の方や普段から肌が弱い方、生理前や体調などによって肌が弱っている時などはあまり向いていませんし、肌への刺激を軽減するためには毎日行うのではなく適度に期間をあけることなども必要です。

毛穴引き締め

目のクマを治す方法とは

目のクマができてしまう原因は、クマの種類によって異なります。クマは大きく分けて3種類あり、自分がどのタイプに当てはまるのかを理解して、正しい解消法で治すようにしましょう。
青っぽいクマは血行不良によって起こるものです。目の周りの血液の循環を良くすることが大事ですから、ホットアイマスクなどで目の周りを温めましょう。ドライアイが影響していることもあるので、オフィスワークなどで目を酷使している方は、とくに入念にケアしましょう。
黒っぽいクマは、皮膚のたるみによってできるものです。これは加齢とともに起こってしまうものなので、日頃からのエイジングケアなどが重要です。ツボ押しのマッサージや、サプリメントやドリンクなどによるコラーゲン摂取が効果的です。
色素沈着などが原因でできてしまう茶色いクマは、メラニン色素が関係しています。対策としてはお肌のシミ対策と同じ要領になります。乾燥も大敵ですので、スキンケアの際にはアイケアも十分に行いましょう。
ビタミン誘導体などが配合された、美白化粧品の使用も効果的です。目のクマは継続的なケアが大事といえますね。

目のクマ

 

紫ニキビのケア方法

紫ニキビとは、結節性ニキビと呼ばれるもので触ってみるとゴリゴリとした感じで、血と膿がたまっていることもありつぶれてしまうと驚くほど大量に血と膿が出ることもあります。

他のニキビと比べると大きめで、赤黒く膨れているため見た目にも目立ちやすく、痛みはそれほどありませんがニキビの中でも紫ニキビは重症なものです。紫ニキビは便秘やストレス、睡眠不足、食生活の乱れなどから体内に毒素や老廃物が溜まってしまったときにできやすいとされているので、ケア方法としては血液の循環を良くして体内に溜まった老廃物などを体外に排泄して原因を改善することが大切になります。

すぐに始められる方法としては、入浴はシャワーで済ませずに湯船にお湯をためてつかるようにしましょう。そうすることで体を温めて血行を促進することが出来ます。入浴の際に洗顔をしますが、そのときは肌に刺激の少ない弱酸性の洗顔料を使って優しく洗うようにしましょう。

洗顔回数が多すぎると肌に必要な皮脂まで落としすぎてしまうので、洗顔は朝と夜の2回だけにしましょう。睡眠をしっかりとるようにしたり、栄養バランスの取れた食事を工夫することも大切です。また炎症を何度も繰り返している場合には、皮膚科を受診して薬を処方してもらうのが良いです。紫ニキビは簡単には改善できません。根気よく治療していくことが大切です。

ニキビ 原因

年齢から来るおでこのしわを解消するための方法

おでこのしわというと、横に入るしわを想像しがちですが、実はおでこには縦と横にしわが入ります。横に入るしわは額の真ん中部分から左右にかけて入ります。

縦に入るしわは主に眉毛と眉毛の間にできます。できているしわを放置していると年齢を重ねていくうちにどんどんしわが深くなってしまいます。横に入るシワの原因は頭皮の垂れさがりと筋肉や水分保持能力が低くなることです。

縦に入るシワは形状記憶でできるものが多いので、普段からのスキンケアと筋肉のケア、そしてマッサージなどを行うことが大切です。年齢からくるおでこのしわを解消する方法としては、まずはじめにおでこにマッサージクリームを塗ります。その後人差し指と中指、薬指の3本を使って、眉毛の上の部分から髪の毛の生え際に向かって横に並べた状態の指を引き上げます。

一度引き上げたら指を離して最初の地点からもう一度引き上げを始めます。次に眉間の縦しわの場合は薬指と中指の2本を使って行います。眉と眉の中心部分に両方の手の2本の指を押し当てます。それぞれの手をこめかみに向けて縦のおでこのしわを引き延ばすようにして両脇に引きます。できてしまったおでこのしわがまだ小さなうちからこれらのケアをすることで、深いしわになるのを防ぐことができます。

おでこのしわ

シミを消すのにおすすめの飲み薬

飲み薬を利用すれば、体の内側から働きかけてシミを消すことができます。

種類によって多少効果は異なりますが、メラニン色素を抑制し、肌を活性化させることでシミを排出させるという点は基本的には同じです。皮膚科に通えば保険適用で安く済みますので、まずは皮膚科に相談してみることが大切です。
薬が効きやすいのは肝斑です。他のシミと違い、女性ホルモンのバランスの乱れから引き起こされている症状ですので、このタイプには内服薬がおすすめです。薄い老人性色素班やそばかす、炎症性色素沈着にも効果的です。ただし、色素の濃いものになると、他の治療との併用が必要となります。
飲み薬に含まれている主な成分は、トラネキサム酸やビタミンC、L-システインなどです。トラネキサム酸はメラニン色素を生成するメラノサイトの活性化に関わっているプラスミンという物質の働きを抑制することができます。ビタミンCやL-システインはメラニン色素の働きを抑えてくれますので美白に効果的です。活性酸素から肌を守る働きのあるビタミンEが用いられることもあります。
多くのシミに効果的ですが、中には飲み薬では消せないタイプもあります。皮膚科に行けば詳しく教えてくれます。

美白

目の下のたるみは整形外科で治療できるの?

人の第一印象は、目によって決まります。目の下のたるみがあると、疲れた印象や老けた印象を与えてしまいます。
たるみの原因は、寝不足や過労、目の周りの筋肉の新陳代謝が悪くなっている、紫外線や姿勢の悪さ、こすることによって筋肉が伸びてしまっている、同じ距離を長時間見ることによって筋肉が疲労している、加齢による筋肉の弱体化などが考えられます。
このようなたるみは、整形外科で治療することができます。
方法はいくつかあり、自分の脂肪やコラーゲンを採取し、その脂肪をプラセンタなどとともに注射することによって治す方法、目の下の部分を少しだけ切開して、余分な脂肪や皮膚のたるみを取り除く方法、軽度の場合は、瞼の裏から脂肪だけを除去したり、重度の場合には脂肪を除去するとともに、たるんでいる眼輪筋を骨膜に固定するなどの方法があります。
化粧品でのケアや整形外科で治療はできますが、日頃のケアでたるませないことが重要になります。
顔のエクササイズなどで目元の表情筋を鍛える、マッサージで目の疲れを癒し溜まった老廃物を流す、クリームやオイルなどのケアをし、睡眠をしっかりとるなどのセルフケアが顔を老けさせないために大切なケアです。

 

目の下 たるみ